第39回まちや塾 市民活動スキルアップ講座@

「上手な会議の進め方」講座
 
開催日時  6月11日(日)午前10時〜午後4時
              (正午〜午後1時まで休憩)
場所  城沼公民館講堂
講師  青木将幸さん(青木将幸ファシリテーター事務所代表)
参加者  20名
 
今回のまちや塾は「上手な会議の進め方講座

会議が多いまち研だからこそ、受ける価値のある講座です。
まち研メンバーも、やる気満々。ちょっと緊張…で講座に臨みました。

講座開始と同時に講師の青木さん登場。
「講座ではリラックスして、楽しくやりましょうね!」との言葉に、緊張していた受講者たちも「ホッ…」としました。

まず初めに「会議で黙っている人はなぜ発言しないのか?」について話し合い。
「恥ずかしい…」「途中で何を言っているか、わからなくなってしまう」などの意見が出ました。実際、このような理由で悩んでいる人は多かったようです。
(青木さんによると、会議で話す人・話さない人の割合は2:8になるとのこと…。この比率にはびっくりでした)

ここで青木さんよりアドバイスあり!

会議を脱線しにくくするためには、「テーマを常に見えるところに書く
「意見発表は、自由に発言してもらうのではなく、参加者各々に『書いてもらう』ことが良い」とのこと!
…言われてみると「なるほど!」と思いました。自由に発言するって、慣れてない人にとってはちょっとした冒険です。でも、書き出すと言うことなら意見を言いやすい!会議の上手な進め方・・・うーん、納得!
 
 青木さんの話を真剣に聞く参加者の皆さん
 
そして、皆で会議シミュレーション。
いくつかの議題から、自分で考えてみたい議題グループへ入り会議。

議題の中から、「会議の場で笑いを生むには?」について参加者全員で意見の出し合いをしました。これがもう
爆笑の渦!「会議の時に全員アフロのかつらをかぶる!」や「語尾に〜ですわ。を必ず付けて発言する!」などなど…。かなり笑いが取れますね。…が、これじゃ笑い続けてしまって会議にならないのでは…?なんて思っちゃいました。

 講義を終えて、会議を進める上での成功させるコツ、相手にわかりやすく伝える表現技術などを学ぶことができ、大満足な講義でした。
 
 グループ発表についてアドバイス中
 
講義後のお楽しみの青木さんとの交流会。
青木さんの好きなプロ野球チームまで教えてもらっちゃいました!