両毛6地区合同で
初のパネルディスカッション
  両毛地域青年会議所主催「両毛まちづくりネットワーク」の公開パネルディスカッションが、9月16日(火)太田市勤労者会館で行われました。これは、館林・太田・桐生・足利・佐野・おおらか(大泉・邑楽・千代田町)の6地区青年会議所(JC)主催によるもので、パネリストは各地域のまちづくりに取り組んでいる方6人がそれぞれの取り組みについて紹介しました。
  館林からは、まちづくりを考える研究グループ(まち研)・空創店舗の猪俣芳浩リーダーが出席し、まち研の発足や活動内容を紹介。
  会場にはJCやまちづくり関係者など大勢の人が訪れ、各発表者のまちづくりに対する取り組みや、ネットワークの推進・必要性などの意見に聞き入っていました。また、パネルディスカッションの後には、参加者がまちづくりや福祉、環境、教育の分野に分かれ、意見交換も行いましたが、初めての試みであり、今後さらに両毛地区の「まちづくりのネットワーク化」が期待されます。 
まち研 トップページに戻る